読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pythonと過ごすめろの日記

日記といっても毎日書けません。

図書館の弁償について怒っている

図書館から電話がかかってき、、、本は返却したしなんだろう、、、

そしたら本が濡れていて弁償しろとのこと。何かの間違いかと思って図書館の人に本の名前を確認したとところ確かに私の借りた本で、、、でもその本は時間がなく放置して読んでなかった。。。当然水には濡らしてないわけだ。

返却するときに返却ポストに入れたけどまさかそれが原因とも考えにくいし、、、初めから??

というとても不可解な事件が起こったわけです。

まあ図書館の人と2分ほど論争したわけですが、相手側は完全に私が犯人だと思ってるのか引き下がりません。時間の無駄なので結局弁償することになりました。

弁償するのはいいのですが僕が弁償したらその濡れた本は当然もらってこようと思います。交換というわけですね。

まあもちろん弁償金を払ったら所有権は私に移りますから。(民法422条

とりあえず皆様もお気を付けください。私はたぶん図書館の本が借りる前に濡らされていたものだとおもいますので。まあ当然アマゾンで中古品の1円の本をもっていってやりますよ。私が紛失した状態が中古品と同じ状態なのでそれは図書館側が認めていますので。