読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pythonと過ごすめろの日記

日記といっても毎日書けません。

c言語入門2

こんばんは。夢露です。

スキーで更新が途切れましたが今日から更新していきます。

やはりスキーはいいですね。

 

今回はこの前の続きです。

 

 

#include <stdio.h>
int main (void)
{
printf(" %d",3);
return 0;
}

 

結果は

3

です

 

このサイトにとても詳しく書いてあります。

http://www.k-cube.co.jp/wakaba/server/format.html

 

例えば

#include <stdio.h>
int main(void)
{
int a;
int b;
int c;
printf("入力1");
scanf(" %d",&a);
system("cls");
printf("入力2");
scanf(" %d",&b);
system("cls");
c = a + b;
printf("合計:%d\n",c);
}

 

これで計算ができます

 

  1. 文字を表示するコマンド

printf(“表示したい文字”);

  1. 入力したものを変数に設定するコマンド

scanf(“ %d”,&変数) ;

 

  1. 変数を宣言するコマンド

int 変数 =数値(変数);

 

  1. 計算のコマンド

変数A =数値(変数) 記号 数値(変数);

 

簡単に言うとこんな感じです。

 

 

system("cls");とは

今まで表示してきた文字をクリアする。です。